日々のこと

120107_hinarame.jpg


あけましておめでとうございます。

また新しい1年がはじまりました。

こわれたモニターも新しくなりました!

新しい気持で、この1年が幸せな良い年になりますように。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

110223_ny_0463c.jpg


ディーヴは空をみあげると、

指をさして、にっこり笑った。

「Blue sky!」

わたしをみて、またにっこり笑った。

110223_ny_0476b.jpg


トンプキンス広場にはロンがいた。

ロンは詩人で、十字架の首飾りをつけていた。

ロンも白いシャツを着ている。

ロンは無口で笑わない。

ロンは、きみのスケッチブックには色がないといって、

胸のポケットから一本の緑のボールペンを私にくれた。

今はもうそのボールペンもなくしてしまったけれど。

ロンは一編の詩をくれた。

白い紙にワープロの文字がきれいに並んでいた。

あるときロンがまたひとつ、詩をくれた。

ノートの切れ端に青いペンで書いてある。

『FLASH BACKS』というタイトル。

でも訳すことができなくて、ふたつの詩はずっと持っている。

110223_ny_0466b.jpg


「ニューヨーク.トンプキンス広場の想ひで」


トンプキンス広場が晴れた日は、人がいっぱいだった。

トンプキンス広場はイーストヴィレッジのはずれ、

アルファベット・シティにある。

緑の樹と、緑のベンチと、

小さな水飲み場のほかにはなんにもない。

可愛いチューリップの花も、

きれいなバラの花も咲いていない。

ブランコも滑り台も噴水もない。

でも鳩や犬がいて、毎日のろのろ時間が流れていた。

いくつも並んだベンチは干からびた鳩の糞が

ぺちゃっと白くこびりついていたけれど、

誰でもすわったり寝そべったりできて、

私はベンチが好きだった。

ベンチが緑色なのも、好きだった。

トンプキンス広場で彼らに会ったのは、

7月の、暑い、暑い、とろけてしまいそうな夏の初めだった。


1989年のこと。

もう遠い日の想い出となってしまったけど、

いまもときどき彼らのことをおもいだす。

2007年5月、平安画廊で念願の個展。

15年もかかってしまった。

木版画にしようと思い版木に木炭で下絵を画いていたが、

いつのまにか、「版画」から「板画」に。

天使?


さて、ふたたび天使?の笑顔の登場です。

彼女の笑顔を見ていると、じんわり元気が湧いてきます。

ちょっと落ち込んだとき、日々の雑事に追われつかれたとき、

携帯から彼女の笑顔をひっぱりだして、にんまり。

つかの間、しあわせな気分に。


世界中の赤ちゃん、幼い子どもたちの笑顔が

地球上から消えてしまわないように、

笑顔で満ちあふれますように。

ながいあいだブログをお休みさせていただきました。

震災後、亡くなられた多くの方々や

犠牲になられた多くの方たちのことを思うと、

とてもブログを書く気持になれなくて、

気がつくと、5月も終わりに近づいていました。

震災から、もう2ヶ月が過ぎてしまったんですね。

被災地が一日でも早く、復旧、復興できますように

ただただ祈るばかりです。

今日は朝から雨がしとしと降り続いて、空気も冷たく、

気温の変化で体調をくずされる方もあるのではと思います。

また明日からがんばらなければ!と思います。

110218_kingyo_1037b.jpgのサムネール画像


きょうは同居人の卒業式。

あいにく朝から雨模様。

眠い目をこすりながら、ぼお〜っとして、

なかなか食事がすすまない同居人。

昨日は、ベルトがない!靴がない!

あわてて買いに走りました。

もちろん本人が。

そして今朝も、カバンがない!シャツがない!コートがない!

そのうえ、タクシーがこない!

ないないづくしの朝でしたが、

なぜだか気がついたらいつのまにか傘立てに、

傘だけはたんとあるのです。

だからきょうは、雨がどんなにじゃじゃ降りでもだいじょうぶ。

黒のスーツとネクタイもばっちり決まり、

ベージュの吉田カバンとコンビニのビニール傘が、妙にしっくり。

ギターをかついでタクシーに乗りこむうしろ姿を無事見おくって、

ほっとひと安心。

ながい高校生活にもようやく終止符をうって

この春、新たなスタートです。

110219_keiki_0453b.jpg


ソフアーとこたつのあいだから、でられません。

南がわのリビング&キッチン。

ベランダからぽかぽかと陽ざしがはいり、温室のよう。

窓を背に、ソフアーとこたつのあいだに挟まって

テレビをみながらうつらうつらする。

まったりと過ごす至福のひとときです。

晩ごはんのあとも、まったり。

毛布にもぐりこんで、まったり。

あまりの心地よさに、

同居人と奪いあいになることもしばしば。


でられんなあ〜

うん、でられん

でられんなあ〜

このままやと、やばいんちゃう?

うん、こたつがわるい!

ん〜、毛布がわるい!

そや、毛布がわるい!


そんなことをいいあっていたのもつかの間。

もう、春がきていますね。

そろそろでられそうです。

月夜の晩


卒業式は正装で!

同居人のたっての願いでスーツを買いに、

月夜の公園をとおりぬけ、駅まで歩く。


もしも飴玉がおちていたら、

そうだ!ひろって、

あの日のこうちゃんにとどけてあげよう。

あめだまちょうだい!

ぱっと右手をひろげてさしだした、

こうちゃんのその手のひらに、

あの日、飴玉をそっとのせていたら、

飴玉をもらっただけで、こうちゃんは、

よろこんで走って家へかえったにちがいない。

飴玉をきゅっとにぎりしめて。

だけど、飴玉はみつからない。

マーガレット


今年のバレンタインデー。

マーガレットの花をあつめたくて

あちこちの花屋さんをさがしまわりました。

うさこちゃんのように、シロクマの赤ちゃんのように、

子犬のようにかわいい、マーガレット!

頭のなかはマーガレットの花でいっぱいになり、

チョコレートのことをうっかり忘れてしまいました。

だから、チョコレートのかわりにかざります。